京都市内、高級絹織物として著名な西陣織。その本拠地、西陣にほど近い閑静な場所に、我々
デュオ・インのビルはございます。
ビルから間近の西大路通りを北上すれば、応永4年(1397年)に、足利3代将軍義満が譲り受けた、北山文化の象徴である「金閣・鹿苑寺(ろくおんじ)」に出会えます。
金箔に包まれ、光り輝く金閣は、京都を代表する世界遺産の一つ。
特に冬季、うっすらと雪化粧した金閣は、更なる美を感じさせてくれます。
金閣・鹿苑寺から西へゆけば、石庭園として名高い「龍安寺」に巡り会えます。境内の方丈南側にある、油土塀(ゆどへい)で囲まれた長方形の白砂の庭に15個の石が5・2・3・2・3に配置された美しい石庭では、夏季の猛暑の中でさえ、セミの鳴き声と共に人々に涼風感を吹き込んでくれる、一風かわった京都を体感できます
所は変わり、東山区。「音羽山(おとわさん)・清水寺」は、歴史が古く宝亀9年(778年)の開創になります。「清水の舞台」から一望できる京都市内の風景は、爽快で人々を魅了します。

更に、古来「延命水」と呼ばれ、「清めの水」として尊ばれ続けている「音羽の滝」は、観光客を賑わせます。
東山文化の代表と知られる「銀閣・慈照寺(じしょうじ)」は、文明14年(1482年)に、足利八代将軍義政により建立。ここから日本人の近代的生活文化の発端が起こりました。夏の陽射しが、庭園の白砂に反射して、銀閣の建物を照らします。
豊かな新緑に包まれた壮大な山々と、川をまたぐ渡月橋とのコン トラストがうまく調和し、古来から避暑地として息づく町。それが平安王朝文化の拠 点として歴史を刻んだ「嵐山」である。「ほっこり」と憩えるその親しみやすい 界隈で、抹茶アイスを頬張りながら散策するも良し、人力車で巡回するも良しで す。
「学問の神様」で有名な菅原道真(すがわらみちざね)公が祭られている神社、「北野天満宮」が、我々のビルの間近にあります。毎年、数多くの受験生が多くの地方から訪れ、それぞれの勉学への想いを胸中、打ち明けてゆきます。

毎月々の25日は、境内一円に、約1,000軒の露店(飲食店はもちろんのこと、昔懐かしの玩具や骨董品、稀少価値ある雑貨や着物まであります。)が軒を並べ、参拝者や観光客で賑わいます。まるで、フリーマーケット状態です。



デュオ・イン -DUO INN-
〒602-8384 京都市上京区今小路通御前西入る紙屋川町1039-31 デュオビル3F
電話:075-465-8800 FAX:075-464-1110 E-mail:info@duo-inn.com
フロント営業時間:(月〜土)AM9:00〜PM6:00  (日曜日)お休み